私とアロマ

メディカルアロマに救われたことがきっかけで・・・

検査してもどこも悪くないのに、お腹が痛む。
そんなことが数年続き体調が悪いのが当たり前になっていた時期がありました。
ふと、メディカルアロマの存在を思い出し、鎮痛作用を期待できるバジルでブレンドオイルを作ってみました。
 
食べるたびにお腹が痛くなっていたのに、あら不思議・・・。
痛くならなくなりました。
会社に行く前に気だるさも軽減され、アロマのおかげで快適な生活に戻ることができました。

それが私とメディカルアロマとの出会い。
本格的に資格をとろうと思いつつ、なかなか踏み出せず数年が経過しました。
アロマブームで資格を持っている人が私の周りにも現れだしたことに刺激を受け、どうにか時間を作り資格をとる決意をしました。

どのアロマ協会の資格を取ろうか悩んだ末・・・

アロマの協会はいくつかあります。

など、さまざまです。

いろいろと悩みましたが、私は芳香成分の物質に着目し科学的にアプローチできるNARDを選びました。
最後に挙げているサードメディスンは設立が2013年と新しいですが、設立者は昔から活躍されていた方でファンも多く、特許取得済みの体質診断など独自のアプローチが魅力的です。

なぜ、ナード・アロマテラピー協会でアドバイザーの資格をとったのか?

資格を取得するための費用だけで考えたら、ナード・アロマテラピー協会のアドバイザー資格は結構な費用です。
しかも、講座を受講し試験を受ける必要があり「ちょっと仕事の息抜きに」とれる資格ではありません。
では、なぜこの協会を選んだのか?
私がアロマに興味を抱くようになったのは「代替療法」に着目したからです。
代替療法、いわゆるメディカルアロマを習得したくて、化学物質に触れ深いところまで学ぶことができるナード・アロマテラピー協会を選びました。

アロマは代替療法ではない。

もちろん、アロマは治療としては利用できません。日本での輸入は雑貨扱いです。
また、品質の良い精油はきちんと選ばないと手に入りません。
(非常に安く売られているものや学名の記載がないものなどは要注意です。)

いろいろな考えがあるかと思いますが、アロマで少しでも何かの役に立てば・・・
そう願って日々勉強中です。

女性はいつまでも若く綺麗に乙女のようにありたい。

綺麗でありたいと願う方々のための「恋する乙女のための科学的アロマのススメ」
「綺麗」は見た目だけではありません。このブログは日常生活をより良いものにし、内面から輝くためのアロマレポートです。


最終更新日:2016.5.7

スポンサードリンク