こんにちは!アロマテラピーベイシック認定講師のまり絵です。

どの精油にしようか、どれを選べば良いか迷う方は多いですよね。
選び方は人それぞれですが、気分の悪くなる苦手な香りは逆効果なので良い香りだと感じる香りが好ましいです。

科学的なものからスピリチュアルなものまで、精油の選び方をピックアップしてご説明します。

スポンサードリンク

1.その時、惹かれる香りを選ぶ

体調によって惹かれる精油が違います。「あの時は良い香りだと思ったのに今は少し違う香りに感じる。」そのようなことは珍しくありません。
胃腸が弱っている時に惹かれる香りがあったり、風邪ひき始めの頃に惹かれる香りがあるなど。
選ぶ精油で自分の体調に気付くことができます。面白いですよね。

なぜ体調によって香りの感じ方が異なるのか。

嗅覚は、視覚や聴覚とは異なり、大脳辺縁系に直接伝達され、自律神経や呼吸器官などに働きかけます。
よく、香りはダイレクトに脳に届くと言います。
身体の状態によって必要とする香り(作用)が変わってくるため、それが「惹かれる香り/いつも惹かれるのに今日はちょっと違って感じる」などと変化が生じます。

その時、必要な香りは身体が欲していると香り(作用)なので自分の気持ちに耳を傾け精油を選ぶと良いでしょう。

2.求めている作用から決める

精油の芳香成分には作用があります。
抗菌作用、抗炎症作用、うっ血除去作用、血液促進作用、安眠作用、神経強化作用、血液促進作用

ここに挙げていないものもあるほどたくさんあります。
その作用に着目し、精油を選ぶと良いです。
作用は調べればでできますし、アロマの先生に聞くのも手です。

3.分類から他の精油を決める(すでにメインにする精油を決めている場合)

一般的に7つに香り分類されています。
柑橘系、ハーブ系、樹木系、スパイス系、樹脂系、エキゾチック系、フローラル系

同じグループの精油は香りが似ているため合わせやすく、隣同士も香りの相性はよいです。

<分類表>

4.アロマ占星術で選ぶ

運勢をアップさせる香り選びとしてアロマ占星術があります。
星座によって5つに分類され、それぞれに対応する精油があります。

火・地・風・水

火:牡羊座、獅子座、射手座
地:牡牛座、乙女座、山羊座
風:双子座、天秤座、水瓶座
水:蟹座、さそり座、魚座

恋愛ならコレ、幸運ならコレ。星座で見るアロマも奥が深いです。

5.体質診断から必要な精油を選ぶ

ヒポクラテスの体質診断やサードメディスン(特許許可済み)、アーユルヴェーダ体質診断など自分の体質を知り、精油で自分に必要な精油を選ぶ方法もあります。

ヒポクラテスの体質診断

血液・黄胆汁・黒胆汁・粘液の4種類のどの位置に自分がいるかを知り、精油の電気座標軸から足りない部分を補う

サードメディスン・チェック

8種類の香りを嗅ぎ、好みの順番に並べるというシンプルな手法

アーユルヴェーダ体質診断

生まれ持ったドーシャ、今のドーシャ、精神面を司るドーシャから自分のタイプと特徴を把握する

6.その他

カード、たとえばセイクリッド・アロマカードから選ぶ方法やチャクラの概念から選ぶ方法もあります。

7.精油の禁忌を確認

禁忌のある精油があります。たとえば、乳児、妊娠中、生理中、低血圧、高血圧、神経毒性、光毒性、てんかん症、肝臓病、運転時、子宮ガン、子宮内膜症など。さまざまな禁忌作用があります。

血圧を下げる作用のある精油は低血圧の方が使用すると下がり過ぎる可能性があります。光毒性のある精油を使用した直後に日の光を浴びると皮膚が炎症しシミになる可能性があります。
その他、運転など集中することが難しくなる精油や通経作用のある精油などあります。

自分に当てはまる病気や症状、年齢、状態、状況の方は、禁忌のある精油は避けてください。

精油についてより詳しく知りたい方はこちらのアロマの本が分かりやすくてオススメです。

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!
いかがでしたか?いろいろな方法で自分に合う精油を探せます♪いつも同じ精油ばかり選んでしまう時にも使える選び方です(^^)

ABOUT

福岡県生まれ、福岡県育ち。東京の大学に入り心理学を専攻。
卒業論文にて「においは検索手がかりとなるか」を研究テーマにしました。
10年東京で過ごした後、再び福岡県へUターン。現在は福岡と東京を行き来する生活を送っています。
個人事業としてWebサイト制作を生業にしながら、恋する乙女のための科学的アロマのススメとしてアロマのブログを運営しています。
のんびり歩くことが大好きで、インドア派。
たまにWeb系のコミュニティ運営のお手伝いや主宰をしています。

専門的な資格を取得したことにより、一般的にあまり知られていないようなアロマの良さを伝えています。
日常生活では、日々勉強し情報収集することで、知識の向上を意識★

資格

  • ナード・アロマテラピー協会認定 アロマ・アドバイザー
  • アロマテラピーベーシック認定講師(ヘルスケア、フェイシャルスキンケア、ハウスケア)

活動

2014年より主に東京を拠点にアロマのワークショップを開催。